トイレの交換を含め水漏れ修理は止水栓を締めてから

機器として長い寿命を持っているのがトイレです。だからといって絶対に壊れないものは、この世に存在しないでしょう。水漏れなどがきっかけになることもありますが、修理ができない状態になったときも、寿命だと思ってトイレの交換を視野に入れた方が良いでしょう。

■長いトイレの寿命

陶器製のトイレは破損しない限り、長く使い続けることができます。便器が破損する理由はいろいろとありますが、強い衝撃が1点に集中してしまうことで欠けてしまったり、ひび割れが起きてしまったりすることがあります。ひびが一度入れば、元に戻ることはありません。例えばトイレの壁に棚が取り付けてあり、これが地震などで落ちてくるというのも原因となるでしょう。
すぐに水が漏れてくるようなことにはならなくても、ひび割れが次第に大きくなることも考えられます。本体には問題がなくても、排水管と接続しているため、水漏れしだしたときには一旦便器も外してパッキンの交換もしなければいけません。こうしたタイミングを寿命ととらえ、交換を考えることもあるでしょう。

■まずは止水栓を締めるところから

トイレで水漏れが起きたときは、タンク側なら、まずは止水栓を締めて対応します。水の供給が止まれば、タンク内の水以上に漏れだすものがなくなるためです。止水栓を締めても漏れが止まらないときには、元栓を締めることが大切です。
便器側から漏れてきているときにも、タンクの水は抜いた方が良いでしょう。止水栓も締めてしまえば、それ以上の水漏れを防げます。
被害を食い止められるようになれば、修理を含め次の対応を考えられるようになるはずです。

■まとめ
トイレの交換を考える際には、他にもさまざまな条件がありますが、新しいものに交換すると、機能は格段に向上するため、交換して良かったと感じるでしょう。新しいものにするときには、手順的にも古い便器など廃棄の問題からも専門業者に依頼して交換するのが一番です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ