蛇口の水漏れ修理で大切なこと

水道を使うためは、蛇口が必要です。水を出したり止めたりする大切な部分といえます。いつでも水が使えるのも、蛇口のおかげといっていいでしょう。
蛇口から水漏れしてくることもありますが、これは消耗品が限界を迎えていることが多くみられます。交換することで回復させられますが、それでも止まらないことが出てきます。機材的な寿命でもあり、蛇口 交換も必要になるでしょう。

■蛇口の基本構造

蛇口には水量をコントロールする大事な機能があります。内部に使われているコマを上下させることで機能を発揮します。しかし金属部品だけでは隙間ができてしまうため、弾力性に優れたゴム製のパッキンが隙間を埋めて水漏れを防ぎます。ところが、パッキンは時間とともに劣化し、弾力を失います。コマも上下を繰り返しているうちに、摩耗するのも問題です。パッキンを交換する際には、同時にコマも交換しておくと問題も少なくなるでしょう。
どんな蛇口も同じ構造になっているわけではないところも問題点です。ワンレバー混合水栓は、内部のカートリッジが消耗品です。水漏れしてきたときには、ツーレバー水栓のパッキンのように交換する必要が出てきます。

■修理を始める前に

自分で修理するときには、まずは止水栓を締めます。水圧がかかったままでは、作業自体が危険です。止水栓が見当たらないときや、固着して動かないときには、水量メーターの近くにある元栓を締めましょう。これだけで、水の供給が止まるため、内部の圧力は抜けていき、安全に作業ができます。水漏れの時に止水栓を締めることは、基本的な作業手順となるため、覚えておかなければいけないでしょう。

■まとめ
交換作業をするとしても、安全確保が重要です。修理の手順もいろいろとありますが、水を止めてからにしなければ、吹き出してくるだけでも危険でしょう。蛇口の修理はそこまで難しくはありませんが、安全にだけは注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ